遺言を書いてるとトラブルを防ぐ事が出来ると思います。

人が亡くなった時、財産分与でもめて、我が子であっても疎遠になり一生実家に帰れなくなった事例を聞いた事が有ります。
テレビドラマのように大きなお屋敷に住み、財産が沢山有る家ばかりがトラブルに巻き込まれるとは限りません。
一般家庭でも良く起きてる事だと思います。
其れを防ぐために遺言を書いて置く事が重要になりますが、一般的には遺言を残す家庭は少ないように思います。
遺言が無くても、法律で財産分与は決まっています。
配偶者、子供、兄弟等すべて財産分与が決まってますが、絶対とは言えません。
財産が多くて親族で話しあい、分け合う事も出来ます。
祖父や祖母が亡くなり祖父や祖母の兄弟が財産の話を持ち掛けて来る事も有ると思いますので慎重にしないと後々トラブルになりかねません。
兄弟が多くて大変な時は早めに財産を把握して置くのも大切だと思います。
特に長男で実家にいる場合は何かとトラブルに巻き込まれることが多いと思うので早めの準備も必要だと思います。

愛が終わる時はこちら
まずは個別面談から慎重に離婚に関するご相談を進めていきます。

国際税務のご相談は弊社まで

港区 社労士
コンサルティングが得意です

相手の立場に立った税理士業務
起業・開業もサポート!創業支援プランを10000円から